BearTail Blog|領収書まだ手入力?

Dr.経費精算とDr.Walletを提供するベアテイルのスタッフブログ

BearTail注目の海外サービスまとめ21選(2017年10月1週目)

 固定費の支出管理を可能にするBobbyは、携帯電話だけでなく、Dropbox、Huluなどの月額制SaaSサービスが出てきたことで、一次支出が減り、継続払いが出てきたことで強くなったニーズを掴んでいるのではないだろうか。所有から利用に変わる中で、こうしたサービスの利用開始・停止含めて一括管理を担う金融サービスは国内でもニーズがありそうだ。

 

また、税務申告サポートを汎用的にサポートするVisorは、いわば会計ソフトの電話サポートチームのみを 切り出した形だろうか。ソフトウェア単体での差別性がほとんどなくなった段階で残すはサポートのみ。だとしたら、サポートだけで提供しようという発送だろうか。単純にサポート業務だけ切り出すと利益率を圧迫するが、一方で税務相談をきっかけにしたほか商材への送客などで収益化できれば、単品の会計ソフト販売よりも高いARPUを実現できる可能性がある。 

続きを読む

BearTail注目の海外サービスまとめ21選(2017年9月5週目)

Freshcallerのようなクラウド上でPBXを構築できるようになると、コールセンターを地方や海外で構築して。というよりは、在宅で構築するネットワークが出てきて価格破壊を引き起こしそうだ。一方で、コールについても、2パターンある。インバウンドコールの場合は他チームメンバーと課題を共有してその場で解決に導くなどセンターに物理的に集まったほうが生産性が上る可能性はあるが一方でサービスが継続する限り永続的に問い合わせが安定的に来る 、アウトバウンドコールの場合は、黙々とスクリプトを読んで攻めていければ良いが、リストを消化してしまうと商材を変えなければスポット業務になってしまう。クラウドPBXに向く業務はどこだろうか。

続きを読む

BearTail注目の海外サービスまとめ21選(2017年9月4週目)

法人で活用されているようなCRMを個人レベルで提供してくるPodのような存在が今後更に増えていくと思う。Facebook、Instagram、Twitterと様々なPF上での個人の過去活動情報をまとめて、いつその人に連絡を取るべきなのか、嫌いな食べ物を除いた飲み会にふさわしいお店はどこか、どこへ遊びに行ったのか。そういった情報を一発で閲覧できるようにするプラットフォーム横断型の個人プロファイルをベースにしたCRMにはニーズはないだろうか。SNSへ自分の投稿はするものの、人の投稿を見たりしないユーザーが出てくるときに、こうしたツールのニーズは強いと思う。

 

AirMeasure

f:id:beartail:20170922221050p:plain

Air Measure™ | The AR Measuring ToolKit

AirMeasureはアップルの新しいiOS 11用の拡張現実測定ツールキットである。ユーザーは小距離から遠く離れたポイントや高さまで測定することができる。 また人の身長の計算、部屋の仮想家具のプレビュー、壁にレーザーレベルを追加する、3D空間で描画するなどの特別な追加ツールもある。

 

TapMeasure

f:id:beartail:20170922222622p:plain

TapMeasure – Smart AR Measurement

TapMeasureはコンピュータビジョンとARを組み合わせた空間ユーティリティで、2タップでポイントツーポイント測定をキャプチャするアプリである。 窓、ドア、アートワークなどの機能を備えた部屋の完全な3Dフロアモデルを作成することが可能だ。

 

Spendee Web App

f:id:beartail:20170922225210p:plain

Spendee - See where your money goes.

Spendeeはアカウントをオンラインバンキングに接続することができる金融アプリである。コア機能はモバイルアプリと同じだ(トランザクション、分析など追加)。ただし詳細な分析を可能にするために、より多くの分析機能がWebバージョンに導入されている。

 

GIPHY World 

f:id:beartail:20170922225957p:plain

GIPHY Mobile Apps - iOS and Android

GIPHY WorldはARでコミュニケーションできる拡張現実感アプリである。GIFを追加してから周りの人に共有してみるといい。創作ビデオをウェブ上に投稿するために記録することもできる。それから友人にリンクを送り、スクリーンを共有することもできる。

 

Magic Sudoku - ARkit

f:id:beartail:20170922230900p:plain

Magic Sudoku - Solve sudoku like magic with the power of AR.

Magic Sudoku - ARkitは、拡張現実の魔法を使って数独パズルを解決する。Swift、ARKit、Vision、CoreML、およびいくつかの機械学習/ニューラルネットワークを使用して、速やかに回答を出すことができる。

 

Reportz

f:id:beartail:20170922231525p:plain

Custom Reporting KPI Dasboards Tool | Reportz

Reportzは魅力的なマーケティングツールで、楽にクライアントへレポートすることができる。Reportzは2つの目標を念頭に置いて作成された。1.毎月および毎週のレポートに時間の負荷を軽減する。 2.明確で簡潔なわかりやすいKPIレポートを提供する。KPIダッシュボードを作成してから5分未満で共有することができるのだ。

 

Sensio Air

f:id:beartail:20170923211934p:plain

sensio

Sensio Airはアレルギーや喘息を持つ人のための体調コントロールアプリである。世界120都市の大気の質と花粉の量を調べたり、ボタンをタップするだけで体調を記録することが出来る。それらの情報を元に、アレルギーや汚染物質から身を守るためのアドバイスを受けられる。

 

SMS Shield

f:id:beartail:20170923213707p:plain

SMS Shield - Intelligent SMS Spam Blocker for iPhone

SMS ShieldはSMSスパムフィルタである。プロモーション、広告、フィッシング、詐欺などのSMSスパムを自動的にブロックする他、海外旅行中の携帯事業者からのSMSブロックや特定の相手やキーワードのブロックが可能。

 

jumper.ai

f:id:beartail:20170923215402p:plain

jumper.ai - #EverywhereCommerce

jumper.aiはソーシャルメディア内にオリジナルのECショップメディアを作成できるサービスである。FacebookもしくはTwitterのアカウントを使用し、SNS上で営業、販売、支払い、顧客との連絡などがすべて完結する。ウェブサイトを立ち上げる必要はなく手軽に始められる。

14日間/無料トライアル

 

Elevatr

f:id:beartail:20170924215658p:plain

Elevatr

Elevatrはうつ病や不安などの精神的な健康問題を抱える人に、簡単で迅速なサポートを提供するアプリサービスである。専門家によるうつ病、不安、ストレスなどに関するアドバイスや、同じような経験を共有しているユーザーとのプライベートチャット、気分を他人に伝えるムードメーターツールなどがある。すべて匿名で無料。

 

Content Launch

f:id:beartail:20170925000022p:plain

Content Marketing Software | Content Writing Services

Content Launchは代理店と中小企業のためのコンテンツマーケティングプラットフォームである。サイトを通じてコンテンツトピックを生成し、業界のコンテンツトレンドを分析し、新しいコンテンツコンセプトを社会に発信することができる。製品とサービスを市場に出すためのより良いツールである。

 

 

Figment AR

f:id:beartail:20170925000553p:plain

Figment App — Viro Media

Figment ARはスマートフォンを通して3Dのオブジェクトやエフェクトを重ねることができるアプリである。実世界に3Dの絵文字、動物、図形、雪や花火などを追加して楽しむことができる。

 

Pod

f:id:beartail:20170925075452p:plain

Pod · Blog

Podは、カレンダーをただのスケジュールと捉えず、人間関係を豊かにするiOS用カレンダーアプリである。Podの顔アイコンをタップすると、その人との過去のイベント、メモ、電子メール(会議関連)の履歴が表示されたり、最後に行ったイベントの連絡先から表示したりできる。 Podには、LinkedInやTwitterなどのソーシャルリンクもある。

 

Cato

f:id:beartail:20170925080526p:plain

Cato - Chrome Web Store

Catoは、ウェブブラウザ用のコマンドランチャーで、Chrome用の拡張機能である。 この機能では、ブックマーク登録とブックマークの解除、ブックマークの切り替え、ページとタブの移動(前と後)、全画面モードの切り替えなどの、マウスやキーボードショートカット操作を代わりにやってくれる。

 

AR Solo Basketball app

f:id:beartail:20170925121056p:plain

AR Solo Basketball (@yuliwei618) | Twitter

AR Solo Basketballは、いつでもどこでもオープンスペースの場所を検出し、バスケットボールコートを設置して、バスケットボールのシュートができるARテクノロジーアプリである。

 

Toby for Teams 

f:id:beartail:20170926221016p:plain

Toby enables better teamwork

Toby for Teamsは ブラウザのタブをTobyで整理し、1つのクリックで主要なリソースにアクセスすることができる便利な管理ツールである。探している文書がGmail、Dropbox、Googleドライブ等、どこにあるかわからないと言うのは過去の話。Tobyならタブのコレクションを作成してチームと共有することで、すべてのチームメンバーが新しいタブページごとに同じリソースにアクセスできるようになる。

 

Sketchfab AR for iOS

f:id:beartail:20170926222116p:plain

Sketchfab on the App Store

Sketchfab ARはモバイルデバイスで3D、VR、およびARで100万シーンを探検することができる。 自分自身をローマにテレポートしたり、恐竜の中を歩いたりすることができる。 VRアイコンの横にある新しいARアイコンをタップして、選択したモデルを現実世界に配置することができる。

 

Progressive Punctuation

f:id:beartail:20170926222959p:plain

Progressive Punctuation

Progressive Punctuationは標準ではない珍しい句読点を集めたものである。

 Eメール、テキスト、ソーシャルメディアなど文章を書いている時、誰かとコミュニケーションを取っている時に感情を表すための記号を見つけるのに戸惑ったりすることがあると思う。Progressive Punctuationは現在の標準で使われていない句読点を増やし、ミスコミュニケーション等を将来的に減らしていく事を想定している。

 

Texted.io

f:id:beartail:20170927234624p:plain

Texted.io

Texted.ioはSMSメッセージを登録した連絡先リストのグループに送信し、返信を個別に受け取ることができるメッセージサービスである。50通までは無料で利用できる。

 

Plane Finder AR

f:id:beartail:20170927235046p:plain

Plane Finder AR on the App Store

Plane Finder ARは空を飛行している飛行機の飛行状況を知ることができるアプリである。見かけた飛行機にカメラをかざすと、航空会社、航空便番号、ルート、航空機の登録、速度、高度、地上からの距離などがわかる。

 

Sunny Weekend

f:id:beartail:20170927235636p:plain

Sunny Weekend 

Sunny Weekendは近場の都市でいい天気や予測されている場所、日光量が多い場所を検索できるアプリである。せっかくの休日に出かける最適な場所を検討するのに便利である。

BearTail注目の海外サービスまとめ21選(2017年9月3週目)

iOSデバイスの進化に伴いAR MeasureKitのように、実空間を計測した上で何らかのアクションへつなげていくサービスが一気にリリースされる事が予想される。部屋へ置く家具などのECとの相性が良さそうだ。一度計測されると、その空間データがアセットになるため、自分の体(服やメガネ、靴など)、自分の部屋(家具など)などを取得する事がいかに効率よく実現できるかが事業場の重要な点になりそうだ。

続きを読む

BearTail注目の海外サービスまとめ21選(2017年9月2週目)

Blissは、旅行代理店などがやっていた、いわゆるトラベルローンへの流入動線として、格安航空券検索横断サイト(OTAアグリゲーター)というのはお金に対してセンシティブなユーザーを集める点で良さそうだ。また、OTAからのキックバックに加えて、金利手数料分のキャッシュポイントがあるため、再投資サイクルを大きくして後発でも勝てる可能性がある。さらに、一度最安値で満足したOTAサイトへ2回目以降に直接検索して手配する事を間接的に防いでおり、常にBliss経由で分割しないと旅行にいけなくなるスティッキネスさを構築することにも繋がりそうだ。最安値で手配できるサイト側がすべてトラベルローンの提供をするとは思えないため、アグリゲーター的な立場として、ユーザーへの強い付加価値になると思う。問題は、クレジットカードの分割払いとのニーズバッティングだと思われる。

続きを読む

BearTail注目の海外サービスまとめ21選(2017年9月1週目)

Slack上で顧客からくるサイト問合せライブチャットを対応できるChatterboxが便利そうだ。フリークエンシーが高いサービスこそが、すべての業務サービスのプラットフォームになり得る。現状は、会計システムを基盤とした基幹システムが主であるが、実際は逆であり、日常ユースの多い社内チャットサービスが、本当のERPとなり得るはずだと思う。チャットサービス以外では、入退室の鍵(スマートロック)や、勤怠管理サービス、カレンダーサービスにはそのポテンシャルがあるのではないかと思う。

続きを読む

初の大阪開催!働き方改革、電子帳簿保存法・スキャナ保存制度の最前線

電子帳簿保存法およびスキャナ保存制度の改正のポイントって気になりますよね?

いつになったら領収書を破棄できるのか?

タイムスタンプっていうのが必要らしいんだけどどうやって手に入れるの?

電子帳簿保存法の適用を受けるためにはどんな申請をいつしなければならないのか?

ホントに適用を受けて運用している会社ってあるのか?

疑問が尽きません。。。

と、これまでこのテーマでは東京開催だけでしたが、今回はなんと、なんと!

大阪で開催させていただきます。

 

f:id:beartail:20170913160254j:plain

 

初の大阪開催!電子帳簿保存法・スキャナ保存制度の最前線

今回のコンテンツは下記の通り。

 

<テーマ>

・電子帳簿保存法・スキャナ保存法とは?

・電子帳簿保存法・スキャナ保存法最新情報

・第3世代クラウド経費精算システム「Dr.経費精算」のご紹介

・Dr.経費精算 導入の生事例

 

<日 時>

2017年09月21日(木) 15:00 〜 17:30(14:30 開場)

 

<場 所>

株式会社MJE セミナールーム

(大阪市中央区久太郎町4-1-3 大阪センタービル6F)

goo.gl

 

<参加費>

無料

 

<定 員>

30名(定員に達した場合、受付を締め切ります)

 

<お申込みはこちら>

https://goo.gl/forms/tApUlXMPPTtKAZGz2

 

 

 

BearTail注目の海外サービスまとめ21選(2017年8月4週目)

 Interviews on Skypeで驚いたのはまさかのめちゃくちゃ特化した、コードエディタ内蔵のウェブ会議システムであること。ブラウザのみで面談ができる。

 

Dr.Walletのような家計・資産管理アプリのExeqのユニークなのは、訪れたお店に何回訪問していた総額いくら使っていて、そして、そこのお店の評価が見れるところだ。お店の口コミサービスとの相性がとても良い可能性を感じた。また、お金というクローズドなテーマでありながら、ネットワーク効果を生み出せる可能性を感じた。

続きを読む

BearTailランチマップVol.2 エスデミックカフェ(千代田区岩本町)

今回は、BearTailの社員がよく行くオシャレで健康的なランチスポットをご紹介します。

 

BearTailのオシャレ社員行きつけの「エスデミックフカフェ」

「エスデミックフカフェ」は、2016年9月にBearTail本社すぐ近くにオープンしました。

お店の前は緑にあふれなんだか健康志向を漂わせています。

 

f:id:beartail:20170907190417j:plain

 

コンセプトは、癒やしリラックス、そして美味しく健康的なお食事、とのことです。

 

店内も素敵です。

f:id:beartail:20170907190707j:plain

 

ランチには緑黄色野菜のサラダがたっぷり。一人暮らしだと野菜不足になりがちなので重宝します。

 

f:id:beartail:20170907190831j:plain

 

ランチメニュー

ランチメニューは、11:30から14:30まで注文でき、700円から1,500円の幅で設定されています(2017年9月現在)

 

①サラダランチ 700円

 ミニスープとパン付

②スープランチ 700円  

 ミニスープとパン付

③日替りランチ 950円  

 サラダ、パンもしくはライス付

④二種のカレーランチ 900円  

 サラダ、ミニコーヒー付

⑤ハンバーグランチ 900円

 サラダ、パンもしくはライス付

⑥ステーキランチ 1,500円  

 ミニスープ、サラダ、パンもしくはライス付

⑦[平日限定]サンドイッチランチ 800円~  

 ミニスープ付

 

f:id:beartail:20170907191121j:plain

 

このようなラインナップです。 どれも健康的で美味しいですよー

 

写真では、③と④をご紹介します。

なお、③の日替わりランチは”豚バラ肉とレンズ豆の煮込み”でした。

 

③日替りランチ

f:id:beartail:20170907194602j:plain

 

④二種のカレーランチ

f:id:beartail:20170907191306j:plain

 

 

夜の部もありますし、パーティーなんかもできます。

 

ぜひ、行ってみてくださいねー

 

sdemic.wixsite.com

BearTail注目の海外サービスまとめ21選(2017年8月3週目)

ZendeskがだしたAnswer Botのように、ティア1、ティア2などと習熟度に合わせてエスカレーションレベルを分けていた最下層がBotに置き換わる動きが本格化しそうだ。BPO業者の内部コスト構造が激変する可能性があり、人件費とサーバー代とのアビトラージが混在する瞬間に市場の機会が生まれると考えている。

続きを読む