読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BearTail注目の海外サービスまとめ21選(2017年5月3週目)

RoadmapといったSaaS事業者向けSaaSというのが最近増えてきていると思う。特に集金システムから始まり、サポートや課題管理のJIRA群はそれぞれサービスが乱立しつつあると思う。Miaの様に、AI backed/assisted Human(Crowd Generated Servise)またはHuman backed AIというサービスは今後のトレンドになるのは間違いないだろう。

続きを読む

BearTail注目の海外サービスまとめ21選(2017年5月2週目)

ZapierのようなAPI同士をユーザー自身が接続できるようなツールが登場することで、法人向けのシステムそのもののリプレイスコストはどんどん低くなっていく。その為、今までは王道であったパッケージシリーズ製品による囲い込みによるARPU向上やCAC低減施策が効きにくくなっていく。その時に、どれがコアを取るかというと、高いDAU/WAU率、ユニーク情報の蓄積量、従業員カバー率の掛け算で一番大きくなるところではないかと思っている。

続きを読む

BearTail注目の海外サービスまとめ21選(2017年5月1週目)

SpreadShareのテンプレ共有は、個人的に凄くありがたい。エクセルのテンプレフォーマットも優れたものを各社が共通で使いまわす様な仕組みになると世の中が豊かになると思うのでSaaS化を全ての領域ですれば解決されるわけではないなと思えた。今週は、Storyheap、Fastoryのストーリー管理ツールが登場。Snap、Instagram、Facebookのストーリーが爆発的に利用される中で、きちんとそれにキャッチアップしている。同時投稿されるコンテンツを自社のPFに蓄積して、Instagramが特殊加工の同時投稿ツールからの自社PFのSNS化を実現したような展開を動画の領域でこれから実現できるか注目。

続きを読む

BearTail注目の海外サービスまとめ21選(2017年4月4週目)

蓄積された大量のデータアセットに対してどのようにレバレッジをかけることが出来るのか。様々な方法からのアプローチが続く。食べ物在庫のレコメンドであるEathow、文章の加筆修正を可能にするWritefull ThesaurusやGrade Proofなど。一方で、今回登場したLyrebirdは他人の声の模倣を可能にするツールであり、スマホ時代における声認証の今後の広がりへの懸念を与える。

続きを読む

BearTail注目の海外サービスまとめ21選(2017年4月3週目)

今週はタスク管理のアプリが多く登場した。既にTo-Do管理サービスは多く、古くはEvernoteや、Remember the milkなどからTrelloといったスタンダードがあるものの登場し続けている。特定の目的に特化することで、シンプルさや利用利便性の向上を目指すアプローチが多く、例えば求人応募状況のトラッキングを行うHuntrは、応募管理の方法の提案を含めたTo-Do管理の価値を提供していると思う。

続きを読む

BearTail注目の海外サービスまとめ21選(2017年4月2週目)

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)、いわゆるBPO×SaaSという形での業務の自動化がなされていく中で、繰り返し業務がなくなることをひしひしと感じ、その期待を上げるのが、メールの応酬の自動化だ。チャットにかわって、メールのようなフォーマルな文章を書く量が減ったとしても、少なくとも内容については同じだけの判断が必要だ。CramstackやNudgeのようなサービスが、連絡手段の効率化だけでなく、例えば日程調整のやり取りそのものを自動化したり出来ると一般レベルでインパクトを感じることが出来ると思う。

続きを読む

BearTail注目の海外サービスまとめ21選(2017年4月1週目)

Selma、Fitbetなど、自分の情報を提供することで、通常では検索・提案されないようなコンテンツやリワードを返す。というのが面白い。Selmaでは、ブラウザ履歴で投資ポートフォリオ提案。Fitbetは運動でリワード。薄く広くというより、特定の課題に対してしっかり掘り下げて解決するプロダクトは、これからでも成長可能性があると思う。

続きを読む