BearTail Blog|領収書まだ手入力?

Dr.経費精算とDr.Walletを提供するベアテイルのスタッフブログ

BearTailランチマップVol.2 エスデミックカフェ(千代田区岩本町)

今回は、BearTailの社員がよく行くオシャレで健康的なランチスポットをご紹介します。

 

BearTailのオシャレ社員行きつけの「エスデミックフカフェ」

「エスデミックフカフェ」は、2016年9月にBearTail本社すぐ近くにオープンしました。

お店の前は緑にあふれなんだか健康志向を漂わせています。

 

f:id:beartail:20170907190417j:plain

 

コンセプトは、癒やしリラックス、そして美味しく健康的なお食事、とのことです。

 

店内も素敵です。

f:id:beartail:20170907190707j:plain

 

ランチには緑黄色野菜のサラダがたっぷり。一人暮らしだと野菜不足になりがちなので重宝します。

 

f:id:beartail:20170907190831j:plain

 

ランチメニュー

ランチメニューは、11:30から14:30まで注文でき、700円から1,500円の幅で設定されています(2017年9月現在)

 

①サラダランチ 700円

 ミニスープとパン付

②スープランチ 700円  

 ミニスープとパン付

③日替りランチ 950円  

 サラダ、パンもしくはライス付

④二種のカレーランチ 900円  

 サラダ、ミニコーヒー付

⑤ハンバーグランチ 900円

 サラダ、パンもしくはライス付

⑥ステーキランチ 1,500円  

 ミニスープ、サラダ、パンもしくはライス付

⑦[平日限定]サンドイッチランチ 800円~  

 ミニスープ付

 

f:id:beartail:20170907191121j:plain

 

このようなラインナップです。 どれも健康的で美味しいですよー

 

写真では、③と④をご紹介します。

なお、③の日替わりランチは”豚バラ肉とレンズ豆の煮込み”でした。

 

③日替りランチ

f:id:beartail:20170907194602j:plain

 

④二種のカレーランチ

f:id:beartail:20170907191306j:plain

 

 

夜の部もありますし、パーティーなんかもできます。

 

ぜひ、行ってみてくださいねー

 

sdemic.wixsite.com

BearTail注目の海外サービスまとめ21選(2017年8月3週目)

ZendeskがだしたAnswer Botのように、ティア1、ティア2などと習熟度に合わせてエスカレーションレベルを分けていた最下層がBotに置き換わる動きが本格化しそうだ。BPO業者の内部コスト構造が激変する可能性があり、人件費とサーバー代とのアビトラージが混在する瞬間に市場の機会が生まれると考えている。

続きを読む

粉飾決算っていったいなんだ?粉飾、ダメゼッタイ。粉飾決算の手口に触れてみる。

営業パーソンのための財務会計教室。

今日はちまたでよく聞く「粉飾決算」について触れてみたいと思います。

 

粉飾決算ってなに?

粉飾決算とは、不正な会計処理を行うことで財務諸表をより良く見せる虚偽の決算報告のことです。 より簡単に書くと、会社の通信簿たる決算書を偽って、良い成績に見せることです。 銀行や投資家は、お金を出す出さない(貸す貸さない)を、この決算書をもとに判断を下しますので、その内容が偽りがあれば大問題なんです。

 

f:id:beartail:20170824132728j:plain

 

歪められた決算書に騙されて、お金を貸してしまった、しかも返済できなくなった、となれば一大事。訴訟沙汰になります。

また虚偽の決算書が横行してしまうと、何を信用していいのやらわからなくなってしまうので、市場が混乱してしまいます。なので、一般に認められた会計基準を定め、そこに合致しているかを公認会計士によって監査するということになっているんです。

 

でも、無くならないんですよね。粉飾決算って。成績はよく見せたいですからね。

そうしないと銀行から融資が受けられませんしね。

また、税金をあんまり払いたくないからって、逆に成績を悪く見せる逆粉飾っていうのもありますよー。ルールに則った節税対策なら問題ないんですけどね。

 

よくある粉飾決算の手口。

粉飾決算って、基本的には、利益を本来よりよく見せる、のが手口です。 なので、以下の2つが該当します。

 

・売上を過大に見せる

・原価を過小に見せる

 

売上を過大に見せる?

年度末、売上が足りない。。。なんとしても、掲げた目標数値を達成したいんですよ。 経営者も営業部長も。

でも、そうそううまくもいくものでもない。

 

「あと数千万。この数千万なんとかならないのか?なんとかしろよ、営業部長。どんな手を使ってでもな」(経営者)

「どんな手でもですか。。。あと一週間ですね。。。はい、なんとかします」(営業部長)

 

こんなとき魔が差した営業部長は、懇意にしている取引先に電話を入れます。

「あ、◎◎物産の◎田社長、いつもお世話になっています」(営業部長)

「今日はちょっと相談がありまして。いや、今期もあと一週間でしょ、ちょっとね、売上が足りなくて困ってるんですよ。」

 

こんな感じで会話が進み、

「でね、返品前提でもちろんいいんですよ。だから、あと数千万。発注かけてくれませんか?」 「ホント、この期末を乗り切るだけでいいんですよ。あくまで形だけで。。」

実際には、在庫が動かないケースもあったりします。 なので監査人は、期末の売掛金額が異常に多くなっていないか?在庫はちゃんと移動しているのかを確認します。

また会社宛に、売掛金の額はいくらですかー?と確認する書面が来たことはありませんか?取引先ごとに確認しているんですね。

 

 

棚卸資産をちょろまかす。

次に粉飾決算で多い事例が、棚卸資産をちょろまかして原価を過小に見せるケースです。 つまりは、売上から原価を差し引くと利益が算出されますので、原価を小さくすれば、利益は大きくなるんですね。

次の図に示すように、売上原価を算出するには、期初在庫+当期仕入れ−期末在庫という計算を行います。

f:id:beartail:20170824133344p:plain

つまり、期末の在庫をちょろまかしさえすれば、、、売上原価が減る!

 

期末在庫が大きくなると、その分売上原価が小さくなり、ひいては利益が増大して見えるんです。

 

f:id:beartail:20170824133817p:plain

 

・既に出荷したはずの在庫の記録を改ざんし、期末在庫があるように見せかける。

・棚卸評価損を計上しないで、期末在庫があるように見せかける。

 

これが棚卸資産ちょろまかしの手口。

粉飾の手口はまだまだあるのですが、代表的な売上の過大計上、棚卸資産ちょろまかしのケースを紹介しました。 粉飾は、ちゃんとたどっていけば概ね見つけられます。

だからゼッタイやっちゃダメです。

 

といっても決算発表まで日数が限られているので、しっかり在庫を確認したり、売掛金の実在も十分に確認できません。

また今日は触れてませんが、工事進行基準のようプロジェクトの進行度合いを見積で対応するというケースもあります。 その場合は、その分野にめっちゃ明るくないと現場経理責任者などに言いくるめられてしまいます。

 

正しく決算報告を行うことが経営者の責務です。不正がおこならないような内部体制も同時に整えていきましょう!

 

 

BearTail注目の海外サービスまとめ21選(2017年8月2週目)

HealthWizのような医療系の専門性の高いコンテンツがネット上に正しく公開される難易度は高い。その為、ネット上でのコンテンツ総量は相対的に少なく、価値が高くなっていっていると思う。例えば、病院が発信者となり、同意の取れた患者だけ、診療診断ケースをひたすら公開するだけでも、価値があるコンテンツになると思う。医師どうしてはこうした情報交流があるのだとしたら、それを一般に公開することはどうだろうか。

続きを読む

BearTailランチマップVol.1 北出食堂(千代田区岩本町)

BearTailの事務所があるのは、千代田区岩本町。

千代田区の北東部に位置しています。

最寄り駅は、都営新宿線岩本町駅、日比谷線小伝馬町駅、JR神田駅。

といっても、どこからも5分から10分かかり雨の日は大変です。

古い商業地区で、かつては大規模な古着市場もあったそうです。馬喰町や横山町も近く繊維が盛んだった地域です。 今も、雑居ビルが多く立ち並んでいる古い町です。

 

古いだけあって飲食店は、チェーン店というよりも、個人経営のお店が多いです。

ランチはもちろん、夜の飲み屋も魅力的なお店が多いのが特徴です。

これからオススメのお昼ごはん処や飲み屋なんかを紹介していければと思います。

 

第一回目はBearTailのオススメ度No1、「北出食堂」

f:id:beartail:20170818190400j:plain

「北出食堂」は、岩本町の神田金物通りに面しており、もとは工場だった場所をリノベーションして生まれたオシャレなお店。

オーナーはNYブルックリンで数々のレストランを営んでもいるとのこと。

NYのストリートタコスに日本の食材を盛り込んだ「東京のメキシカン」が味わえます。

 

ランチメニュー

ランチメニューは別にあり、一律1,000円(2017年8月現在)で提供されています。

①岩手県産短角牛ハンバーグ

②国産若鶏の唐揚げ

③無添加牛すじの煮込み黒カレー

④タコライス

⑤日替わり鮮魚グリル

 

どれも絶品です。

写真では、オススメの①と③を掲載します。

f:id:beartail:20170818190547j:plain

①岩手県産短角牛ハンバーグ

 

f:id:beartail:20170818190705j:plain

③無添加牛すじの煮込み黒カレー

 

ぜひ、行ってみてくださいねー

夜の部は別の回で記載しますね。

 

www.kitadeshokudo.com

 

BearTail注目の海外サービスまとめ21選(2017年8月1週目)

Proposals for Freelancersのような提案資料のPDCAを早く回す事ができるようになるツールはフリーランスだけでなく、すべての業種に於いて重要だと考えられる。

LPだけで意思決定をせず、紙を回す文化があるB2Bの対面営業に於いてはPDCAサイクルが回るのが遅いという課題があるが、同時にウェブでもテストしながら改善することができるのであれば、ベストな営業ツールの開発に寄与するものと考えられる。

ウェブでのテスト結果をリアルに反映させていくようなアプローチが今後のB2Bセールスでも求められていくかもしれない。

続きを読む

BearTail注目の海外サービスまとめ21選(2017年7月5週目)

Brandeeといったロゴジェネレーターサービスは古くからウェブサービスにあった。一方で、PCというデバイスが死滅しつつあり、スマホ端末で完結するユーザーが出始めると、回顧的にスマホでPCで当たり前にできていた作業ができなくなって困ってしまうことがある。例えば、画像のリサイズでさえ、標準機能では出ないので、専用アプリをインストールして対応していくことになる。PC時代では当たり前に使えたが、スマホでできない領域は他には無いだろうか。

続きを読む

BearTail注目の海外サービスまとめ21選(2017年7月4週目)

Cassetteのような散々過去取り上げられてきている、会議の自動テキスト化サービスが登場している。この領域は、音声をテキスト化することはもちろんのことだが、誰が話しているのかということも合わせて判断する必要がある。さらに、すべてをテキスト化せず、サマリにしていくことまでを求めると非常に難易度が高い。ただし、どこかのステップまででも効率化されれば非常に便利であるため、登場が待ち望まれる。現在ポーランドのAppstoreからのみアプリをダウンロード可能だ。

 

CoinTerminalが面白いのは、もはやクリプトカレンシーが投資家の投資対象として見られ始めたことを明らかなものにしているように感じさせることだ。ブルームバーグのようなツールをいかに活用するかという情報戦になっていくということかもしれない。既に金融マーケットで成長してきた業界ツールのクリプトカレンシー版はそれぞれマーケットができるかもしれない。

続きを読む

BearTail注目の海外サービスまとめ21選(2017年7月3週目)

トレーニング提案記録アプリのEwoloのように、健康やお金といったテーマは非常にライフタイムバリューの高いサービスになり得る。死ぬまで興味があるし、常に改善したいというインセンティブがあるからだ。個人的にも、トレーニングを開始し、バーコードで食事管理が可能なアプリを75日連続で3食登録することに成功している。

 

Connect.awのようなリンクだけで動画が可能になったのは、スマホデバイスが普及しブラウザが動画コンテンツの再生をサポートし、回線が太くなったからではないか。5年前には実現できなかったアプローチがかなり便利に利用可能になっている。ライブ動画ストリーミングが活況なように、今後は採用のティア1を動画で行うことで採用面談の効率化を実現する企業がでてきそうだ。

続きを読む

黒字倒産ってなんで起こるの?中小企業にとって大事な資金繰りについて。

営業パーソンのための財務会計教室。今日は、黒字倒産の謎を追え、をテーマに進めていきたいと思います。

f:id:beartail:20170814183938p:plain

 

こんなに多いの?黒字倒産!?

少し前のデータ(東京商工リサーチ調べ)ですが、2012年に倒産した企業のうち、実に44.7%の企業は黒字でした。なんと、約半数は黒字で倒産しているんです。

倒産=赤字が続いて・・・というのが一般的な認識かもしれませんが、倒産する企業の約半数は、黒字(決算)というのが現実なんです。

黒字なのになぜ?という疑問が湧いてきます。も、もしかして、ふ、粉飾?? つ、つまり、世の中の大半の企業は粉飾しているの??

粉飾しているから、黒字決算で、銀行にウソついてお金借りて・・・ と思ってしまう人もいるかもしれが、そうとも言えません。粉飾している企業もなくは無いと思いますが。

 

黒字倒産の理由

ここからは黒字でも倒産になってしまう理由を考えてみたいと思います。

まずは倒産の定義から。

倒産 - Wikipedia

明確な定義はないんですが、経済破綻して弁済期にある債務を弁済できなくなり、つまりは借金の支払い期日がきたのにお金を返せない状態になり、経済活動(事業活動)を続けることが困難な状態に陥ること。 これが倒産です。

といっても、黒字なら問題なさそうですよね。

黒字って、売上からかかった経費を差し引いたものがプラスの状態にあることなので。

黒字の状態なら、ちゃんと借金が返せるはず。。。お金があるはずなので。
そう、ここに問題の要因があります。

 

「お金はあるはず。。」

売上がある、だけど、手元にも銀行にもお金がない状態があるんです。

たとえば物販の場合、どこからか商品を仕入れます。仕入れには支払いがつきものです。 そして、その商品を手元に、商品を売りさばきます。なんとか、売れたとしても、今度はお金を回収する必要があります。 せっかく売れたとしても、現金が手元に入ってくるのは、2ヶ月後、3ヶ月後ということもあったりします。この期間が問題なんです。

 

f:id:beartail:20170814184054p:plain

売上があがっても、手元にお金がまったくない状態があるんです。

売っても売っても、仕入れの支払いだけが先に到来し、売掛の入金が先、という状況に陥ってしまうと黒字でも倒産が引き起こされます。

 

貸借対照表(B/S)は、企業のある一時点における、資産や負債の状況を示したもの。

損益計算書(P/L)は、企業のある一定期間における売上や費用の結果を示したもの。

 

P/L上は、黒字になっていても、B/Sの状態を逐一把握していないとカンタンに破綻してしまう可能性があります。 しかし、B/Sの状態を逐一把握している企業なんて中小企業ではなかなかありません。 大企業であれば多くがERPシステムを導入していて、定期的に財務状況が把握できたりすのですが。

 

中小企業の場合、売上が好調だと、気づくのが遅くなってしまうこともあるようです。 「こんなに売れてるのに、なんでや・・・!?」って。 また、中小企業ではキャッシュフロー計算書を作成する義務がありません。

キャッシュフロー計算書(C/F)は、発生主義会計の盲点であるお金の流れを記したものです。 B/SとP/Lだけではなく、できるだけC/Fも作成しておくと良いと思います。

さらには、現金有高だけは随時チェックして急な支払いにも対応できるだけの余裕を持っておく必要があります。 そのためには無借金経営よりも実は一定の借り入れをして銀行への返済実績を積んでおくほうが財務健全性確保のためには有効です。

営業パーソンとして、取引先企業の財務状況を確認するにあたっては、通常B/SとP/Lだけしかもらえることは少ないですが、それだけを鵜呑みにするのではなく、周辺情報から財務健全性を見ていく力をつけておくといいと思います。