BearTail Blog|領収書まだ手入力?

Dr.経費精算とDr.Walletを提供するベアテイルのスタッフブログ

知らないと恥ずかしいことも。収益と利益って意味の違いはあるの?

「収益」と「利益」・・違いって分かりますか?てか、同じなんじゃないのと思っている人も結構多いハズ。
 

f:id:beartail:20170712221531j:plain

 
会社の偉いさんですら全然区別をつけずに人前で話してしまっているケースが散見されます。この際だから、ざっくり理解して、知ったかぶりを気取りましょう。
このコーナーではエンジニアにも営業にも会計が理解できるようにわかりやすく記載できればと思います。
 

「収益」と「利益」に違いなんて・・・

「収益」と「利益」をスパッと区別がつく人は意外に少ないんじゃないでしょうか。
どっちでもええんちゃうの?って気もしますが、実は違うんです。そりゃそうです。こんな記事書いてるんですから。せっかくなので違いのわかる人になりましょう。
 

英語に訳してみる(というか、英語に戻して考えてみる)と。。。

収益 = Revenue
利益 = Profit
 
これで半分解決です。
 
日本語だとなんだか同じような、似たような言葉なので区別がつきにくいです。ですが、英語では明確に違う。さらに違いを見ていきましょう。
 
Revenue ー Cost = Profit
 
「収益」から「費用」を差し引いたものが「利益」、なんですね。
全然ちゃうやん。そう、全然違うものなんです。
 
ちょっと待って。利益って、売上から費用を引いたものだよね。
じゃあ、「収益」って「売上」なんや。そっか、そっか、と思った人。まだまだです。
 
「収益」と「売上」もまた違います。ええぇぇー
 
 
では、「売上」も英語に戻してみましょう。
 
Sales
 
ですね。ね、違う。RevenueとSales。
 
ざっくり書くと”Sales”は、本業で得る収入で、”Revenue”は会社に入ってくるすべての収入です。
 
売上に、利息や配当金なども含んだものが、収益=Revenueとなります。
なので売上は収益に含まれるんです。
 
図にしてみるとこんな感じ。
 

f:id:beartail:20170712221248p:plain

 
 
おお、違いがわかりますね。
普段意識なんてすることありませんでしたよね。
 
まぁとにかく、収益と利益、そして売上は異なるんだな、ということまではわかりましたね。
 
会計用語って日本語ではめちゃくちゃ難しい。そもそもの翻訳が良くない。それを変えずに今に至っているのも質が悪い。日本人が会計が苦手な原因は、昔の人の会計用語の翻訳失敗にあると思う。借方・貸方なんて未だにどっちかよくわかりませんし。減価償却累計額って言われてもね。減耗損との違いもわかりづらい。
 

今日のまとめ

とにかく次のことを覚えておこう。
「収益」=「Revenue」:会社に入ってくる収入のすべて。利息なんかも入る。
「売上」=「Sales」:本業で稼ぐ収入。いわゆるトップライン。
「利益」=「Profit」:RevenueからCostを引いたもの。
 
つまりは、「収益」と「利益」は違うってこと。
 
今回はここまで。